読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とにかく色々吐き出したいブログ

言いたいことも言えないそんな世の中にしたくないので。

あの時俺はやれたかもしれない…そんな話をする。

俺の恋愛

皆さん、はじめまして。

ガデーンです。言いたいことを吐き出す為にこのブログを作りました。

 

言いたいことを言うのって素晴らしいです。

www.keikubi.com

 

彼のように言いたいことをバンバン言う(書く)人間になりたい。でも実名じゃちょっと恥ずかしい。だからやっぱり匿名でブログ作って言いたいことを吐き出そう。そんな安直な気持ちでブログを作りました。

 

実名でやってるブログでそりゃ言いたいんですよ。はてなブログ今週のお題とかで恋バナとか話したいけど、もう奥さんもいる身だしあんまり過去の変な話をして「えっ、あんたこんな恋愛してたの?」なんて言われるのも嫌だし…。

 

だからなんか表現したい。でもどの場で表現しようか。そうだもう一つブログを作ればいいだけじゃないか。そうそんな感じで作っていま記事を書いています。

 

ということで何から話そうか。その恋バナでも語ってみようか。

 

今週のお題「恋バナ」

 

最近やれたかも委員会を見てて「あー、こんなんあったなぁー」と考える。

note.mu

 

簡単にいえば「あの時あの女とやれてたなー」という漫画で、あんまり経験のない俺にもそんな場面が2度ほどあった。今回はそのうちの一つを書いていこう。

 

足繁くバーに通っている頃があった

俺はほとんど酒は飲めない。でもバーに通いだしたのだ。なぜか?女に近づきたかった。ただそれだけだ。

 

30前半になっていた俺はその頃極度に女っ気がなかった。どうすれば女に会えるのか?そうだ、女がいる場所に行けばいいのだ!そんな安直な発想からバーに通いだした。

 

ツレなどいない。単独でバーに行くのだ。俺は「ちょっとバーに行くの恐いから付いてきて」なんて言うちょうどいいツレはいなかった。いたとしても「バーに行って女とお知り合いになりたい」なんて説明すんのもめんどくさいので1人で行動しだした。

 

突然男が1人で、酒もあんまり得意じゃないのにバーにやってきてマスターも最初は怪訝そうだったがそれも最初だけでだんだんと慣れて顔を覚えてもらうようになった。

 

 

ある日1人の女に出会った

適度にバーに通っていると、女のお客さんがちょこちょこは来てたりする。そう、俺はこういった若い女の子と出会いたかったのだ。ある日バーに行くと1人の女の子がカウンターに座っていた。いつも通り俺も1人でカウンターに座る。

 

マスターを間に挟んで会話をしだす。そして女の子と2人で話すようになり、いい感じに打ち解けてきた。そして時間は深夜になりそろそろ終電が近くなる時間。彼女は結構お酒を飲んで1人では帰れそうにない。

 

 

じゃ俺が送っていくよと言ったが、彼女はそれを拒否。さすがに今日会った男に送ってもらうわけにはいかないとキツく断られた。さすがにそんなに甘くないかと諦めてとりあえず2人でバーを出て彼女をタクシーに乗せようとした。

 

すると急に彼女が「1人では帰れない」と言い出す。まさかこれは来たか?その時そう思ったね。流れが来ていると。

 

 

なんだかんだで彼女を送ることに

結局オレは彼女とタクシーに乗っていた。これは流れが来ている。ビックウェーブが。

f:id:gade-n_in_sui:20170129095353j:plain

 

 

彼女の家はタクシーで25分ほど。その間彼女は酔っているせいか突然濃厚な接吻を向こうからしてきた。そう突然だったのだ。それはまさにラブ・ストーリーは突然に。その言葉が頭を駆け巡った。

f:id:gade-n_in_sui:20170129095541j:plain

 

何回も言うがこれは来ている。ビッグウェーブが。バーの時はダメって言ってたのが何でか知らんがタクシーに乗って、彼女からチューをしてきている。なんということだ。こんな美味しい展開があるとは…。

 

これはやれる。タクシーの中で確信した。家の近くに着いたら玄関まで彼女を送って、ドアを開けたらちょっとお邪魔して彼女をベットまで連れて行く。そうすればもう後は楽勝だ!そんなプランが頭にはあった。

 

 

タクシーが家の前に着いた

単身向けのちょっと古めのアパートだった。彼女は2階のようだ。オートロックなどはなくそのまま階段を上がっていける建物だ。

 

彼女の酔い具合なら、玄関まで促すのは楽勝。さぁ、部屋まで行こうか!

 

と思っていたら、彼女はアパートの前で足が止まってしまった。なんだと…?ここへ来て冷静になったのか!?

 

その直感は当たりなようで、どうやら俺に部屋を知られたくないらしい。「部屋どこ?」と聞いてみたりするが教えないし、一向に彼女の足も動こうとしない。

 

なんということだ…ここまで来てまさか彼女が冷静になるとは…。夜風にあたったからなのか。もう求める結果はすぐそこなのに、彼女ははっきりとは言わないが俺に帰ってほしいというオーラを出している。

 

求める結果は目の前にあるのに俺もそこでどうしていいか分からなかった。うまく部屋まで誘導する方法…駄目だ…思いつかない…。

 

そして、一呼吸置いて俺は言った。

 

「じゃ、また…。しっかり部屋の戸締まりしろよ…」

 

帰れという雰囲気を感じ取って俺はおとなしく帰ることにした。

 

 

全く予測不能

タクシーの中ではチューまでしてきたのにそっから先はダメなのか…。

 

俺は落胆した。やれると思っていたのに…。

 

とはいえ、カッコいい終わり方が出来たので次があるとポジティブに考えて次会える事を願った。印象が良かったのか後日すぐさま次会えることになった。

 

しかし1回目会った時より2回目は話が弾まず結局その子と会うのはそれが最後になってしまった。

 

これが俺のやれたかもしれないという話。あの時強引にでも部屋番号を聞いてグイグイ行っとけば…。悔やまれるあの時の俺…。

 

もういい。全て終わったことなのだ。

 

 

 

 

ということで、こんな吐き出し方をしていきたい。やっぱ自由に文章を書いて発信するほうがブログを書いていて楽しい。